ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホームよくあるご質問 > 民営化に伴うお取扱いの変更について

民営化に伴うお取扱いの変更について

メニュー開閉

日本郵政公社で加入した確定拠出年金の取扱いに変更はありますか。

ゆうちょ銀行が提供するサービスとして、これまでと同じようにご利用いただけます。なお、民営化前にお預けいただいた郵便貯金商品で民営化後に満期が到来するものについては、ゆうちょ銀行が提供する貯金商品に自動的にお預けいただくことになります。引き続きのご利用を希望されない場合は、スイッチングの手続きをおとりください。

関連ページ:確定拠出年金

メニュー開閉

民営化前の投資信託の口座は利用できますか。

ゆうちょ銀行が提供するサービスとして、お客さまが民営化前からご利用いただいている店舗(ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口)でご利用いただけます。口座番号も従来と同じです。

関連ページ:投資信託

メニュー開閉

民営化前の定額郵便貯金等の権利消滅の取扱いに変更はありますか。

郵貯・簡保管理機構が引継ぎました定額郵便貯金等の郵便貯金につきましては、これまでと同様、最後のお取扱い又は期間満了日の翌日(預入の日の応答日)から20年間お取扱いがない場合に催告書を発送し、当該催告書の発送の日から2か月間貯金の払戻しがない場合には、権利消滅することになります。これは、郵貯・簡保管理機構が引き継ぎました定額郵便貯金等の郵便貯金に対して、民営化に伴って廃止された郵便貯金法の規定が民営化後も適用されることによるものです。

メニュー開閉

国際ボランティア貯金はなくなったのですか。

民営化に伴い根拠となる法律が廃止されたことから、平成19年9月末をもちましてお取扱いが終了しました。なお、すでに控除させていただいております寄附金につきましては、郵政民営化法令に基づきまして、郵貯・簡保管理機構がNGO(民間援助団体)に寄附金の配分を行います。
平成20年10月から、少額からはじめられ、手軽な社会貢献活動として「ゆうちょボランティア貯金」のお取扱いをしています。

関連ページ:ゆうちょボランティア貯金
      独立行政法人 郵便貯金・簡易生命保険管理機構(独立行政法人 郵便貯金・簡易生命保険管理機構のサイトを別ウィンドウで開きます)

メニュー開閉

財産形成定額郵便貯金の取扱いに変更はありますか。

民営化前に締結された勤労者財産形成貯蓄契約等はゆうちょ銀行に引き継がれており、特段のお手続きなしで、引き続きゆうちょ銀行の財形定額貯金等の預入を行うことができます。なお民営化前にお預けいただいた財産形成定額郵便貯金等は、郵貯・簡保管理機構に引き継がれていますが、民営化後の継続預入時に自動的にゆうちょ銀行の財産形成定額貯金等に預入されます。詳しくは「民営化に伴うお取扱いの変更について」のページをご覧ください。

関連ページ:財形定額郵便貯金

メニュー開閉

民営化前の非課税貯金の取扱いに変更はありますか。

民営化前にお預けいただいた非課税の定期性郵便貯金については、特段のお手続きをすることなく、これまでどおり満期を迎えるまで非課税扱いが継続されますが、民営化前にお預けいただいた非課税の通常郵便貯金・通常貯蓄貯金については民営化後は課税となります。

関連ページ:郵便貯金・金融商品のお取扱い

メニュー開閉

民営化前に預入した定額郵便貯金などの払戻し手続きは、どこで行えますか。

ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口にお申出ください。

関連ページ:店舗・ATM

メニュー開閉

貯金の政府保証は継続されますか。

民営前に預入された定額郵便貯金等の定期性の郵便貯金には、民営化後も引き続き政府による支払保証がありますが、通常郵便貯金等のゆうちょ銀行に引き継がれた郵便貯金及び民営後に預入されたゆうちょ銀行の貯金には政府による支払保証はなく、預金保険制度により保護されます。詳しくは「民営化後のお取扱いの変更のある商品について」のページをご覧ください。

関連ページ:郵便貯金・金融商品のお取扱い

メニュー開閉

通常郵便貯金の記号・番号は変わりますか。

現在ご利用いただいている記号・番号に変更はありません。

関連ページ:通常郵便貯金

メニュー開閉

通常郵便貯金の通帳・キャッシュカード・貯金証書はそのまま使えますか。

これまでと同じようにお使いいただけます。ICキャッシュカードや、国際ボランティア貯金の通帳・キャッシュカードも同様です。

なお通常郵便貯金通帳、通常貯蓄貯金通帳につきましては、お客さまからのご依頼があった場合のほか、担保定額貯金・担保定期貯金の預入時や無余白による再発行時等に、ゆうちょ銀行の通帳と交換させていただきます。

関連ページ:通常郵便貯金

メニュー開閉

民営化前に作成した貯金通帳からゆうちょ銀行の通帳に切替える際に必要な書類等はありますか。

次の書類が必要になります。

○郵便貯金総合通帳
○本人確認書類
○お届け印

なお、詳しくは、お近くのゆうちょ銀行窓口または郵便局の貯金窓口へお尋ねください。

関連ページ:通常郵便貯金

メニュー開閉

民営化前に私製承認を受けている払込書等は、そのまま使えますか。

民営化後も当分の間ご使用いただけます。但し、受領証部分の裏面に収入印紙の貼付欄を設けるなど作成基準が変更されていますので、なるべくお早めにゆうちょ銀行の様式にご変更ください。

メニュー開閉

日本郵政公社名の郵便振替小切手帳は使用できますか。

日本郵政公社の名前が入った郵便振替小切手帳は使用できません。お近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口にて、ゆうちょ銀行の小切手帳にお切り替えください。

関連ページ:小切手払

メニュー開閉

郵便為替証書、郵便貯金払戻証書、郵便振替払出証書を換金することはできますか。

民営化前(平成19年9月30日以前)に発行された郵便為替証書等は、旧郵便為替法、旧郵便貯金法または旧郵便振替法の規定により為替金等の権利が消滅しましたので、お受け取りいただけません。

関連ページ:郵便為替・郵便振替の送金サービス等のお取扱い

メニュー開閉

郵便振替口座は引き続き使えますか。

ゆうちょ銀行の振替口座として、これまでと同様にご利用いただけます。口座番号も変わりません。

関連ページ:振替口座
      郵便為替・郵便振替の送金サービス等のお取扱い

メニュー開閉

老齢福祉年金・児童扶養手当の受取方法に変更はありますか。

民営化により、老齢福祉年金や児童扶養手当等の証書によるお支払から、別にお客さまに送付される送金通知書によるお支払に変わりました。また、他の年金と同様に、貯金通帳への振込みによるお受取りがご利用いただけます。

メニュー開閉

通常郵便貯金で利用していた公共料金等の自動払込み、給与預入、年金自動受取りについて、改めて手続きする必要がありますか。

ゆうちょ銀行に引き継がれているので、そのままご利用いただけます。お客さまに改めてお手続きしていただく必要はありません。

メニュー開閉

国際郵便為替証書を換金することはできますか。

民営化前に発行された国際郵便為替証書は、ゆうちょ銀行・郵便局(国際送金取扱局)で換金できます。なお、民営化前に発行した国際郵便為替証書に関する権利消滅の期間は、これまでと同様、送金先の国別の有効期間経過後3年となります。

メニュー開閉

民営化前に購入したトラベラーズチェック(旅行小切手)はそのまま使えますか。

民営化前にご購入いただいたトラベラーズチェック(旅行小切手)は、民営化後も引き続きご利用いただけます。

なお、ゆうちょ銀行および外貨両替取扱郵便局におけるトラベラーズチェック(旅行小切手)の取り扱いにつきましては、2014年3月31日(月)に販売を、2016年5月2日(月)に買取りを終了いたしました。

ページの先頭へ
ページの先頭へ