ページの先頭です
ヘッダへ メインメニューへ 本文へ サイドメニューへ

当社のWebサイトは、スタイルシートを使用しております。

お客さまが使用されているブラウザは、スタイルシート非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性があります。そのため、表示結果が異なっておりますが、情報そのものは問題なくご利用いただけます。

ヘッダの先頭です

ホーム金融犯罪にご注意ください! > ゆうちょダイレクトを狙った犯罪にご注意ください

ゆうちょダイレクトを狙った犯罪にご注意ください

ゆうちょダイレクトの暗証番号等(お客さま番号、合言葉、ログインパスワード、ワンタイムパスワードなど)を不正に入手し、お客さまの口座から貯金を詐取(他の口座への送金)しようとする犯罪が発生しています。

このような被害に遭わないためにも暗証番号等は、他人に知られることのないように十分ご注意いただくとともに、決して見慣れないメールや画面で暗証番号等を入力しないようにお願いいたします。

  • 【重要】以下の犯罪にご注意ください!

少しでも不審な点や疑問に思う事がございましたら、すぐに下記の「ゆうちょダイレクトサポートデスク」までお問い合わせください。

なお、ゆうちょダイレクトのセキュリティ対策についてはこちらをご覧ください。

  • お客さまのパソコンがウイルスに感染すると端末内に保存されているデータを詐取される場合がありますので、ゆうちょダイレクトの暗証番号等をパソコンやスマートフォンに保存しないでください。

偽画面表示(トークンのワンタイムパスワード入力誘導)による犯罪

ゆうちょダイレクトにログインした直後に、お客さまの暗証番号等を入力させる画面を自動で表示させるウイルスが発生しております。

ゆうちょダイレクトでは、自動的に暗証番号等の変更画面を表示したり、ポップアップ画面でお客さまに情報を入力していただく機能は使用しておりませんので、そのような画面が表示されても、暗証番号等の変更登録や入力は絶対に行わないでください。

なお、送金等の取引時以外に、ログイン後に改めてお客さま情報の入力を求めることはありません。

[偽画面の例]

【偽画面を見分けるポイント】メインメニューと表示されているときに「トークンに表示されるワンタイムパスワード」の入力をお願いすることはありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

銀行を装った詐欺メール(フィッシング詐欺)による犯罪

銀行を装うメールに添付されたファイルにインターネットバンキングの暗証番号等の重要情報を入力させ、預金を引き出す犯罪(いわゆるフィッシング詐欺)が発生しています。

このようなメールが届いても、添付されているファイルを開いたり、暗証番号等の入力は絶対に行わないでください。

なお、ゆうちょ銀行から、メールで暗証番号等を入力するような画面を表示する添付ファイルをお送りすることはありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

クラウドサービスへの不正アクセスによる犯罪

スマートフォンやパソコンなどの端末ではなく、インターネット上のサーバにデータを保存するサービスであるクラウドサービスへ不正にアクセスし、データを盗み見る犯罪が発生しています。

ゆうちょダイレクトの暗証番号等をクラウドサービスに保存しないでください。

以下のような機能にもご注意ください。

  • スマートフォン等のバックアップ機能(iCloudなど)
    メモがクラウドサービスに自動バックアップされる場合があります。スマートフォン等の設定をご確認ください。
  • インターネット上で閲覧できるWebメール(Yahoo!メールなど)
    Webメールの本文等にゆうちょダイレクトの暗証番号等を記載しないでください。

ゆうちょダイレクトの暗証番号等は保存しないでください。

なお、クラウドサービスを狙った不正事例は、フィッシング対策協議会のWebサイトでご覧いただけます。

身分や目的を偽り利用申し込みをさせる犯罪

身分や目的を偽り、ゆうちょダイレクトの利用申し込みをさせる犯罪が発生しています。
ゆうちょ銀行から記入済みのゆうちょダイレクトの利用申込書をお送りしたり、暗証番号を聞き出したりすることは絶対にありませんので、決して他人には教えないようにしてください。
万が一、「暗証番号」を他人に知られた場合には、速やかに変更していただくようお願いいたします。

【事例1】
過去、詐欺被害に遭ったお客さまのご自宅にゆうちょ銀行社員を名乗る者から、「法律ができて、振り込め詐欺の被害金を返金できることになったので、ゆうちょダイレクトの利用申し込みをしてください」との連絡があり、相手に言われるがままに利用申込書に住所・氏名・通帳の記号番号・暗証番号を記入して指定する人物へ渡した。
後日、通帳記帳したところ、お客さま自身、一度もログインをしたことがないゆうちょダイレクトから、身に覚えのない他行あての送金が複数件行われていた。

【事例2】
ある企業から、「現金を送る(入金する)ので、ゆうちょダイレクトの利用申し込みをしてください」との連絡があり、相手に言われるがままに申込書に住所・氏名・通帳の記号番号・暗証番号を記入して利用申し込みを行った。
後日、連絡のあった企業から暗証番号(利用者番号)を照会する電話があり暗証番号を伝えたところ、その後身に覚えのない送金が行われていた。

【事例3】
お客さまのご自宅に市役所職員を名乗る者から、「年金の振込方法が変更となるため、ゆうちょダイレクトの利用申し込みが必要です。通帳の記号番号を教えてください」との依頼があり、相手に言われるがままに通帳の記号番号を教えた。
後日、お客さまのご自宅に記号番号、暗証番号、住所、氏名等が印刷されたゆうちょダイレクト利用申込書と貯金事務センターへの送付用封筒が届いた。
(お客さまは不審に思い、申込書を送付しなかったが、身に覚えのない送金が行われる可能性があった。)

【事例4】
お客さまのご自宅に何者かから、「ゆうちょ銀行の投資信託を購入しているか。どのファンドを購入しているか。」との質問があり、購入しているファンドを伝えると、「そのファンドは危ないので何とかします。そのためには、ゆうちょダイレクトの利用申し込みが必要です。申込書に記入する暗証番号は、こちらで指定するものを使ってください」と言われた。
(お客さまは不審に思い、申込書を送付しなかったが、身に覚えのない送金が行われる可能性があった。)

お問い合わせ

【ゆうちょダイレクトサポートデスク】

電話:0120-992-504(通話料無料)

お取扱時間:平日 8:30~21:00
      土・日・休日 9:00~17:00
      (12月31日~1月3日は、9:00~17:00)

  • 電話番号をよくお確かめのうえ、お間違いないようご注意ください。
  • 携帯電話、PHS等からも通話料無料でご利用いただけます。
  • IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。
  • 身に覚えのない送金や取扱確認メールを確認した場合もこちらにご連絡ください。
ページの先頭へ